「クロールの泳ぎ方」の記事一覧(2 / 21ページ)

ストレートのストローク | 初心者のためのクロール

クロール初心者が一番初めに覚える水の中の手の動きは、ストレートストロークと呼ばれる、腕を真っ直ぐ伸ばしたまま水をかく方法です。 しかしこのストレートストロークは案外難しいのです。 1.初心者のクロールのストロークはストレ・・・

五十肩のためのストローク | 初心者のためのクロール

機嫌よく水泳を楽しんでいただけなのに、ある日突然襲ってくる五十肩。 五十肩でお悩みの方に少しでも快適なクロールを泳いで頂きたいと思い、私が実際に五十肩発症時にやっていたストロークの方法をご紹介します。 1.水泳初心者と五・・・

ストローク数の数え方 | 初心者のためのクロール

クロールのストローク数はクロール上達の目安とも言われているので、その数を気にされる方も多いようです。 今回は初心者でも簡単にできるクロールのストローク数の数え方をご紹介致します。 1.クロールのストローク数 クロールのス・・・

ストロークのエントリー | 初心者のためのクロール

水泳愛好者の間でしばしば話題に上がるのがクロールストロークにおけるエントリー。 今回は初心者にターゲットを絞り、その具体的な練習ポイントをご紹介します。 1.クロールのストロークにおけるエントリー クロールのストロークと・・・

ストロークを利用して息継ぎをしてみる | 初心者のためのクロール

クロール初心者が最初にもっとも苦労するのが息継ぎの習得ですが、息継ぎにストロークの動きを利用する事で幾分楽に練習できるようになります。 息継ぎがなかなかできないとお悩みの方は、ぜひ試してみて下さい。 1.クロールの息継ぎ・・・

2ビートと6ビートの違い | 初心者のためのクロール

クロール泳法の中には2ビートで泳ぐ方法や、6ビートで泳ぐ方法があり、中でも2ビートの泳ぎ方は見た目が美しく、初心者がよく憧れる泳ぎ方です。 しかし憧れだけで安易に形だけを真似してしまうと、大きな落とし穴に落ちてしまう場合・・・

自由形の歴史とは? | 水泳の上達法

水泳を練習していて、上達がしてきたら、誰しも大会に出場してみたいと考えるのではないでしょうか。 健康増進のために水泳をしている人は、大会などは興味ないかもしれませんが、競泳大会に憧れて水泳を始めた人は、競泳大会という種目・・・

自由形のフィニッシュの方法 | 水泳の上達法

自由形で競泳大会に出場が決まったら、優勝する為に練習を積み重ねていかなければいけません。 スタートからフィニッシュまで想定した自由形の練習をこなしていく事がとても重要です。 スタートは、スタード台からのスタートになります・・・

自由形における腹筋の必要性 | 水泳の上達法

競泳大会に出るだけの上達ができたら、競泳に向けた泳ぎをしていかなければいけませんよね。 水泳における競泳大会はスピード勝負です。 スピードを向上させるには、フォームの改善、細部までの意識がとても重要になってきます。 フォ・・・

自由形を速く泳ぐコツ | 水泳の上達法

競泳大会の自由形で参加しようとしたら一番はスピードを追求すると思います。 勝負の世界ですから、スピード勝負になるのは当たり前です。 水泳における自由形で泳がれる泳法はクロールなわけで、他の泳法よりもスピードは速く泳げる泳・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ