正しいクロールのターンの仕方が分かる!

正しいクロールのターンの仕方をご紹介します。


1.初心者向けの簡単なターンとは?

まずは、初心者向けの簡単なクロールのターンからご紹介していきます。いきなり難しいターンに挑戦せずに、簡単なターンからマスターしていくのがコツです。

回転するターンやクイックターンは見た目もかっこいいですが、思っている以上にテクニックと経験がいるので無理をしない方が良いでしょう。




初心者向けの最も簡単なターンは、壁までクロールしたら、単純に方向を変えて、壁をキックするというターンです。これなら、初心者の方でも簡単にできると思います。

クロールのターンに慣れるためにも、一番簡単なターンから練習していきましょう。

このターンをする時は、できるだけ顔を上げて壁に対するキックの動力を効果的に引き出すことをおすすめします。

壁に対する動力を最大限に引き出すことができれば、それだけ推進力も増幅させることができるからです。

また、足だけでなく腕を壁に押し当てて、動力をさらにアップさせるという方法もあります。足だけのターンに慣れてきたら、腕も加えてのターンに挑戦してみましょう。

慣れてきたら、タイムロスを少なくするために、ストリームラインを保持しながら、できる限り水の抵抗を少なくできるように意識してみましょう。

水の抵抗を少なくすることができれば、それだけタイムロスを減らすことができるのです。

このターンを上達させる方法は、壁に到達した時に身体をまっすぐに保つのではなく、壁に到達した時、既に身体を反転させておいて、壁に触れた直後、すぐにターンできるように準備しておくことです。

このような準備をしておくことで、素早くターンができるので、その分、タイムロスを減らすことができるのです。

もう1つ重視して欲しいのは、ターンをする際にスピードを落とさないことです。

クロールでタイムを縮めたいと思っている人は、壁に到達するまでのスピードが減速しないように、あらかじめ、身体を反転させて敏速にターンをするのがコツです。


2.クイックターンに挑戦してみましょう

クロールのスピードをアップさせるために、クイックターンは欠かせません。

クイックターンを上手にするコツは、壁に到達する前に身体を反転させて両足の動力で勢いよくターンをすることです。

壁をキックしたら頭を下げてさらに身体を回転させることで、スピードを上げることができます。もう1つ重要なのは壁を見すぎないことです。

壁を見すぎてしまえば、ターンする動作が遅れてしまうからです。慣れてきたら壁など見ないで、クイックターンをすることができるようになります。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ