クロールの息継ぎで顔を上げないためにはローリングが効果的

クロールの息継ぎで顔を上げすぎてしまうとうまく息継ぎができなくなり失敗してしまいます。

クロールの息継ぎを成功させるためには、顔を上げないように工夫することが大切です。クロールの息継ぎで顔を上げないようにするために効果的な方法がローリングです。

身体全体をローリングさせることで、顔が水面から出にくくなるのです。


1.上手にローリングをするコツ

上手にローリングさせるためには、首だけでなく身体全体を回転させる必要があります。




あまりにも意識して身体を回転させようとしてしまえば上手くいきません。

身体全体のことを意識せずに、息継ぎの時に首から肋骨くらいまでの部分を水面の方に向けるように動かしてみましょう。

こうすることで、力が入らずに自然な形でローリングをさせることができるのです。


2.首だけで回転させようとしない

ローリングすることを強く意識してしまうと、首だけで回転をしてしまう方が非常に多いです。

身体全体で回転しているつもりでも、首だけの回転になってしまうケースが多いのです。

首だけの回転だと身体に余計な力が入ってしまい、息継ぎの妨げになってしまうのです。

自分の泳ぎを録画したり仲間に見てもらうことで、首だけで回転していないかチェックしてみましょう。

首だけで回転していることが確認できたら、首から下に意識を向けて、力を抜いて身体全体で回転させる練習だけ何度もやってみましょう。

ローリングだけを意識した練習を何度もすることで、自然と身体がその動きを覚えていくのです。


3.顔を真上に向けてしまわないように注意しましょう

ローリングを意識してクロールをすると、顔が真上に向いてしまうことが多くなります。

どうしてもローリングさせることで、身体が回転するので、最後に顔が真上を向いてしまいやすくなるのです。

しかし、顔が真上に向いてしまうとクロールのスピードも落ちるし、息継ぎもしずらくなるので、顔が真上に向かないように意識しましょう。

クロールをする時に、必要以上にローリングすることを意識しないことです。

意識しすぎると必要以上にローリングしてしまい、顔が真上に向き始めてしまうのです。


4.どんな時にローリングが必要なの?

「クロールで息継ぎがうまくできない」「身体が窮屈で泳ぎにロスが出ている」「顔や頭が水面から出すぎている気がする」などと感じた場合に、ローリングをしてみましょう。

クロールの息継ぎがうまくできていて、他にも問題がない場合は、わざわざローリングを意識する必要はないということです。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ