クロールが速くなる筋肉トレーニングの方法とは?

クロールが速くなる筋肉トレーニングの方法をご紹介します。


1.水中ウォーキング

クロールが速くなる筋肉トレーニングで、誰でも簡単にできるのが水中ウォーキングです。できれば毎日、15分以上は水中ウォーキングを続けてください。

水中ウォーキングをすることで、足全体の筋肉と体幹も鍛えることができるので、効果的なトレーニングとなるのです。

クロールを速くするために必要な基礎的な筋肉がついていない人には、水中ウォーキングは有効的なトレーニング方法と言えるのです。




水中ウォーキングなら、ジムで辛い筋トレをするよりもストレスを感じることなく続けることができるので、お子様や高齢者の方にもおすすめな方法です。


2.チューブトレーニング

クロールを速くする筋肉トレーニングとしておすすめしたいのが、チューブトレーニングです。

チューブを引っ張ることで、クロールに必要な筋肉をピンポイントで無理なく鍛え上げることができます。

クロールのための筋肉トレーニングで、ジムなどで激しい負荷がかかるような鍛え方をしてしまう人も多いですが、それは大きな間違いです。

クロールを速くするという目的のための筋肉トレーニングなら、できるだけ筋肉に負荷がかからないように継続的にトレーニングを続けることが効果的なのです。

そういった意味でも、チューブトレーニングは最適なのです。チューブトレーニングを継続させることで、プルに必要な筋肉を集中的に鍛えることができるのです。

プルに必要な筋肉を鍛えることで、クロールのスピードを飛躍的にアップさせることができるのです。


3.背筋と腹筋を鍛える

背筋と腹筋をバランスよく鍛えることで、体幹も良くなりボディバランスが圧倒的に良くなります。

ボディバランスが良くなると、それほど無理をしなくても、しなやかで速い泳ぎができるようになるのです。

腕の力だけでクロールをしてしまう人も多いですが、腕の力だけに任せてしまえば、スピードも限界が見えてきてしまいます。

もっとクロールのスピードを上げたいなら、腹筋と背筋をつかって泳ぐのがコツです。

腹筋と背筋をつかって身体のバランスを意識しながら安定性を重視することで、それほど腕の力を入れなくても、タイムロスをなくすことができてしまうのです。

背筋や腹筋を鍛える時は、ジムに通った方が良いですが、鍛えすぎてしまうと逆効果になるので、あまり筋肉に負荷をかけずに、軽いトレーニングを継続して行うことをおすすめします。

鍛えすぎると筋肉が重くなり身体も硬くなってしまうので逆効果となってしまうのです。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ