クロールのストロークのコツを解説します

クロールのストロークのコツを分かりやすく解説します。


1.ストロークの正しい軌道をイメージする

クロールのストロークのコツは、正しい軌道をイメージしながら泳ぐことです。

スクロールの正しいイメージを描きながら、イメージ通りに身体を動かすことができれば、クロールも上達させることができるのです。

ストロークの軌道を正しくイメージするためには、ストロークの基礎から練習する必要があります。




まずはクロールをしなくて良いので、プールの中で立ったままの練習を始めましょう。プールの中に普通に姿勢よく立った状態で、両腕をまっすぐ前に伸ばします。

右腕を腹部の中心を通る軌道でゆっくりと1度かきます。この時、肩の力を抜いて十分に肩が開くように意識しましょう。

肩がしっかりと開いていないと余計な水の抵抗を受けてしまうし、フォームをとるのに窮屈になり力が入ってしまうのです。

右腕に力が入らない程度にまっすぐに伸ばして、ゆっくりと大きな円を描くようにかいて元の位置に戻します。左腕も同じような作業を繰り返します。

右腕と左腕を交互に同じ動きで繰り返すことで、ストロークの正しい軌道を身体に覚えさせることができます。

正しい軌道を身体が覚えてしまえば、目を瞑ったままでも身体が正しい軌道をイメージしながら動いてくれるようになります。

ここまで上達することができたら、理想通りのクロールのストロークを実現できるようになります。


2.慣れてきたら息継ぎも加えてみましょう

正しい軌道でストロークをすることに慣れてきたら、息継ぎも加えてみましょう。正しいストロークのままで息継ぎも加えることができれば完璧です。

ただし、無理は禁物です。2、3回息継ぎも加えてみて、せっかくマスターしたストロークができなくなってしまう場合は、無理して息継ぎを加える必要はありません。

息継ぎを加えたことでストロークができなくなってしまうということは、まだストロークの練習が足りていないという証拠です。

もっとストロークの練習を重ねて、意識しなくても身体で覚えて完全に慣れてしまうレベルまでもっていきましょう。

その後も練習を続けて、ある程度慣れてきたと思った時点で、息継ぎを加えてみるトライをしてみましょう。何回か失敗しても落ち込むことはありません。

なぜなら、それだけ息継ぎを加える作業は難しいことだからです。

完璧な正しいストロークをイメージして泳ぐだけでも難しいことなので、それに息継ぎを加えるのは、かなりレベルが高いことなのです。

だから、落ち込まずに何度失敗しても練習を重ねてトライしてみましょう。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ