ストロークの肘の使い方 | 初心者のためのクロール

クロールのストロークは肘が曲がったような感じに見受けられます。

水泳初心者が憧れるその形ですが、あの形はどのようにして作られるのでしょうか?


1.クロールの肘は伸ばしたままのストロークが基本

水泳初心者の場合、クロールを泳ぐ時の肘は、基本的に伸ばしたままの状態でストロークすることが基本となります。

水が取れようが取れまいが、かけようがかけまいが、とにかく肘を伸ばしたままで大きくストロークして頂いて大丈夫ですし、何よりそれがクロール上達への一番の近道です。

「でもクロールが上手な人は肘が曲がったようなストロークをしているんだけど・・・」とおっしゃられる方もおられると思います。

そこで今回は「水泳初心者がやらない方がいいクロールの肘の使い方」をご紹介したいと思います。


1.水泳初心者がやらない方がいいクロールの肘の使い方① 引かない

クロールが上手な人は確かに肘が曲がったようなストロークで水をかかれているように見えます。




ポイントは曲がってはいても決して引いてはいないというところ。

クロールで肘を引いてしまっては、ストロークも何もあったもんじゃないです。

水泳初心者の方は、実はその事を分かっている方は結構おられます。

なので自分でも引かないように心掛けて練習しておられるのです。

でも引いてしまうのが現実です。

引いてしまう原因として一番に挙げられるのが「水が重い」という事。

そして水が重い事も自覚しておられます。

問題は「自分が思っているよりも遥かに重い事に気づいていない」という事。

水は自分が思っているより、何倍も何倍も重いです。

スピードの2条に比例して重くなる事にも気づいていません。

「気付いていない」というより「気付いた時にはもう遅い」というのが正しいかもしれません。

クロールで肘を曲げるような形のストロークを試みて「いけるかも」と何となくの自信で力を込めて水をかこうとするものの、思考より感覚の方が早いので、体は「重っ!」と判断した時点で肩などを保護するために水を捨てようとし、頭が「あっ!」と気付いた時には、既に肘は完全に引いた状態になってしまっている、という具合なのです。


2.水泳初心者がやらない方がいいクロールの肘の使い方② 落とさない

次はリカバリー動作での肘の動きを見てみましょう。

上手な方のクロールのリカバリー動作は、肘が曲がったような感じでリカバリーされています。

見た目にもスマートでカッコいいですし、実際効率の良いリカバリー動作です。

しかし、これも同じく肘は曲げてはいるももの、決して落ちている訳ではないというところがポイントです。

クロールで水をかいた後はできるだけ素早く元の位置に戻す事が求められます。

そのためには出来るだけ直線的に戻すようにする方がいいので、結果的に肘が曲がったような形のリカバリー動作となります。

ここのポイントは、肘は曲げている訳でなく、肘から下=前腕の部分が脱力した状態の結果の形であるという事が認識できているかどうかです。

リカバリー動作は肩を回しながら肘で前腕を釣っているような感じになります。

その結果肘が曲がっているように見えているだけです。

そこの感覚の認識を無視して形だけにとらわれてしまうとただ肘を曲げるだけの動作になり、クロールのストロークそのものにも慣れていないので、肩ではなく手で腕を回そうとし、結果肘が落ちてしまい、ボールを投げるような格好になってしまいます。

また形はそれっぽいけど、ガチガチに力が入ったリカバリー動作になっているという場合もよく見受けられます。

クロールのリカバリー動作で肘は曲げているのではなく、脱力した結果曲がっているように見えているだけなので、その感覚から習得していかないと全体的に見てもクロールのストロークとは言い難いのです。


2.初めは全員初心者だった

いくつになっても何をするにしても、初めてやる事は誰もが初心者。

現在、すっかり水泳が上達されて、クロールでは肘が曲がったようなストロークをされておられる方も、一番初めは初心者でした。

ではその方はいつから肘を曲げたようなストロークをするようになったかというと、多分明確に答えられる方は少ないと思います。

なぜなら肘を曲げたのではなく、肘を伸ばして必死に練習していたらいつの間にか肘が曲がったような感じになっていたから。

肘を曲げるような形はわざわざ作ってたものではなく、練習していくうちに自然に作られていくものなのです。

水泳初心者はまず水に慣れないといけませんが、最終的には「水に慣れる」というより「水を扱う事に慣れる」という事になります。

水泳上達の大きなポイントは、浮力や抵抗や水圧といった水の特徴を全身で感じる事です。

現在すっかり上達されておられる方でも、初めはそこからスタートされたのですから。

水泳初心者の方はぜひ肘をしっかり伸ばしてストロークすることで水の感覚を腕全体で感じるところから始められることをお勧めします。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ