水泳で長距離を泳ぎたいマスターズの方へのおすすめ練習方法

プールに行くと、フリーコースでは様々な練習をしている方を見かけます。早く泳ぐための練習をしている方、ゆっくりとずっと泳ぐ方。

特に驚くのが、まったく足を付かずにずっと泳いでいる方が全然疲れていないように見えることではないでしょうか。

そして、そのような泳ぎ方をする方はマスターズの中でも高齢の方が多くいらっしゃいます。

体力は若い方のがあるはずですが、なぜ高齢層の方が長く泳いでも疲れないのか不思議ではありませんか?




今回は水泳で長距離を泳ぎたいマスターズの方へおすすめの練習方法について紹介致します。


1.息継ぎはしっかりと行おう

水泳では、息継ぎをするとタイムが遅くなると言われています。というのも、例えばクロールの息継ぎでは顔を横に向ける必要がありますが、息継ぎをしないで泳げるのであれば顔の位置を動かす必要がありません。

短距離でタイムを伸ばしたい方は息継ぎなしで泳ぐと良いでしょう。しかし、長距離を泳ぐ上では息継ぎは重要な要素となります。

当たり前ですが、息継ぎをしないとだんだん苦しくなりますよね。例えば短距離で、6ストロークに1回の息継ぎをしている方は、長距離を泳ぐ際は2ストロークに1回の息継ぎをしてみましょう。

つまり、長距離を泳ぎたい方は、まずは呼吸の動作をしっかりとマスターすることが大切になります。


2.ゆっくりと泳ぐことを意識する

マスターズ水泳大会でも、長距離はありますので、試合に出たいという方は長距離でも速さを求められます。しかし、一般スイマーの方は長距離を泳ぐ際にタイムを考える方はあまりいらっしゃらないと思います。

長距離を泳ぎたい方は、速さではなく楽にゆっくり泳ぐことを意識してみましょうペースを落とすと、身体が沈みやすいという方は無駄な力が入ってしまっている可能性があります。

力を抜いて泳ぐ練習をしてみましょう。例えば25メートルを25秒程度で泳ぐのが通常の場合は、わざと30秒程度の時間をかけて泳ぐように練習をしてみてください。

すると、だんだんとゆっくり泳ぐことが出来るようになります。


3.キックはあまり打たないようにしよう

水泳は全身運動ですが、プルとキックどちらが疲れやすいかというと断然キックが疲れを感じやすくなっています。クロールで長距離を泳ぎたい方は、プルのトレーニングを強化してみましょう。

クロールでは6ビートで泳ぐのが通常ですが、2ビートに減らしてみましょう。キックを少なくすることで疲れにくくなりますので、長距離を泳ぐのに適した泳ぎ方になります。

出来るならばキックは一切打たないで、足が沈まないように軽く動かす位でも良いでしょう。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ