スイミングに効果的なトレーニングのご紹介

スイミングに効果的なトレーニングの方法をご紹介します。


1.チューブトレーニング

スイミングに最も効果的なトレーニングは、チューブトレーニングです。

チューブをつかった簡単なトレーニングなので、場所を選ばずに必要な筋力を鍛えることができます。

チューブトレーニングは闇雲にやっても意味がありません。

スイミングに必要な筋肉をピンポイントでトレーニングすることができなければ効果は期待できません。




そのためには、スイミングに必要な筋肉の部分を見つける必要があります。見つけ方は簡単です。

実際にスイミングしてみて、辛い、疲れると感じる部分の筋肉を鍛えてあげれば良いのです。

スイミングを長く続けると、辛い、疲れると感じる部分が出てくるので、その筋肉を鍛え上げるためのチューブトレーニングに専念すれば期待通りの効果を出すことができるのです。


2.ストレッチに時間をかける

トレーニングをしたら、必ずストレッチをたっぷりと行いましょう。

いくら効果的なトレーニングをしても、ストレッチをしっかりと行わないと身体が硬くなって逆効果となってしまうからです。

ストレッチは朝と夜に2回、セットでやることをおすすめします。

また、それ以外にもハードなトレーニングをした後は、必ず、ストレッチをするようにしましょう。

ストレッチをすることで、スイミングに適した柔らかい身体を作っておく必要があるのです。


3.ウエイトトレーニングをしてはいけない理由

ジムなどでウエイトトレーニングはしない方が良いです。ウエイトトレーニングをすることで、スイミングに効果のない筋肉までついてしまうことがあります。

そうなれば、無駄な筋肉がついた分、支障が出てしまうのです。スイミングに適していない筋肉なら邪魔なだけなのです。

余計な筋肉をつけてしまったことで、身体が重く硬くなり、タイムが縮むどころかロスが出てしまったというケースも少なくないのです。

くれぐれも無計画なウエイトトレーニングは避けるようにしましょう。

上半身を鍛え上げることで、スイミングにも効果的な筋力をつけることができると思い込んでいる人が多いですが、トレーニング方法を間違えると逆効果になってしまうので十分に注意しましょう。

インターネットや動画などでトレーニング方法をマスターするのではなく、しっかりとした経験者に直接、効果的なトレーニング方法を教えてもらうのがベストです。

それほど筋力を鍛えるというトレーニングに執着していなくても、正しいフォームでスイミングの練習を欠かさずにやれば、必要な筋肉は自然な形でついてくるので、それで十分だと思います。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ