スイミングの練習メニューは泳ぐ距離で決めるのがコツです

スイミングの練習メニューを自分で考えるとなると、どうしても悩んでしまう人が多いみたいです。

スイミングスクールに所属しているなら、先生や先輩から練習メニューについてアドバイスをもらうことができるかもしれません。

しかし、そうじゃない人は自分で練習メニューを考えないといけないので、どうしても迷ってしまうのです。

インターネットで検索すればいろんな練習メニューを見つけることができますが、どれが自分の目標に合っているのか分かりづらいのです。




無意味な練習メニューで時間を無駄にしたくないという気持ちが強いから迷ってしまうのです。スイミングの練習メニューは泳ぐ距離で決めるのがコツです。

今回は、泳ぐ距離によって最適な練習メニューをご紹介していきたいと思います。


1.500メートル

泳ぐ距離が500メートルの場合の練習メニューにおけるテーマは、推進力を重視することです。

正しいフォームや姿勢を守ることで、推進力を生み出し、安定したスイミングを実現することを目標とします。

具体的な練習メニューは、ウォーキング、けのび、ボビングなどです。


2.1000メートル

泳ぐ距離が1000メートルの場合の練習メニューにおけるテーマは、バタ足やキックのレベルを向上させることです。

具合的な練習メニューは、ウォーキング、ストレッチ、呼吸練習、バタ足練習、キック練習、ボビング、けのびなのです。


3.1500メートル

泳ぐ距離が15000メートルの場合の練習メニューにおけるテーマは、呼吸練習のレベルを向上させることです。

具体的な練習メニューは、ボートキック、片手プル、ミックスドリル、グライドスイムなどです。

泳ぐ距離によって、このように練習メニューを変えていくことが基本ですが、あくまでも参考のためのメニューなので、練習を継続させていくプロセスの中で、自分のやりやすいように変えていくことをおすすめします。

なぜなら、今回ご紹介した練習メニューが必ずしも正解で、すべての人に効果があるとは言い切れないからです。

肝心なのは、無理のない練習を継続させることです。

無理な練習メニューを我慢して続けてしまえば、身体を壊してしまうかもしれないし、精神的な負担にもなってしまうからです。

ハードで内容の濃い練習を数日やるよりも、無理のない、あなたに適している練習メニューを数か月間、継続して続けた方が絶対に良い結果を出すことができるのです。

水泳練習は継続させて行わないと意味がないのです。ブランクができれば、向上させることができた部分も、もとに戻ってしまうのです。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ