クロールの息継ぎで鼻に水が入らない方法

クロールの息継ぎの時に鼻に水が入ってしまうと、痛いし苦しいので泳ぎ続けることが難しくなります。せっかく気持ちよく泳げていたのにテンションも下がってしまいますね。

鼻から水が入ってしまう原因を知り、息継ぎの練習をしっかりして、クロールだけでなくすべての泳ぎの基本になる呼吸を身につけましょう。





1.クロールを泳いでいて息継ぎの時に鼻から水が入ってしまう原因

クロールを泳いでいて息継ぎの時に鼻から水が入ってしまう原因は、ストリームラインが取れていないことと、呼吸がうまくできていないことの2点が考えられます。

ストリームラインはクロールだけでなくすべての泳ぎの基本の姿勢ですが、この姿勢が崩れると下半身が沈んだり体がぶれたりしてうまく泳げません。

そればかりか、息継ぎの時に顔をうまく上げられず呼吸がしにくくなってしまいます。正しい姿勢を保って、スムーズに息継ぎができるように心がけましょう。

では呼吸がうまくできないとはどういうことでしょうか。クロールを泳いでいる時に、ちゃんと顔を上げて息継ぎができていたら、呼吸ができているということにはなりません。

呼吸は吸うことよりも吐くことが大切です。ちゃんと吐くことができたら、自然と吸うことができるのですが、たいていは吸うことに意識が行きがちです。

鼻から水が入るということは、しっかりと吐き切っていないのに無理に吸おうとしているのかもしれません。吐くことを意識した、正しい呼吸ができるようになりましょう。


2.呼吸をしっかりするためには、ストリームラインをしっかりとります。

腰に少し力を入れて下半身が沈まないようにし、水面に一直線に近い状態で浮くことで顔を上げやすくなるので、上手に呼吸ができます。

顔を上げるときは頭が立ってしまわないように気を付けて、耳を腕から離さないように横向きに顔を上げましょう。

上手な呼吸の練習にはホビング練習がお勧めです。膝を曲げて水中に沈み、ジャンプして飛び出します。

水中では鼻からぶくぶくと息を吐き、飛び出すときに一気にパッと口から息を吐き出します。

空気を一気に吐くことで自然に空気を吸うので、吸うことは意識しません。これをリズムよく繰り返します。

小さな子供が水泳を始めた時に習う、呼吸の基本の練習の仕方です。

ホビングがうまくできるようになると、クロールを泳ぐときも息継ぎの時にうまく呼吸ができるようになります。

クロールを泳ぐときは、ストリームラインで体が沈まないことと、吐くことを意識した呼吸をして、息継ぎの時に鼻に水がはいらないようにしましょう。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ