クロールのタイムが伸びない人へのアドバイス

クロールのタイムが伸びない人へアドバイスをしたいと思います。


1.顔の位置を確認してみる

クロールのタイムが伸びない人は、クロールをしている時の自分の顔の位置を確認してみましょう。

クロールのタイムを伸ばしたいという気持ちが強くなればなるほど、前傾姿勢になってしまうので、顔が間違った位置にきてしまうのです。

前傾姿勢になると、顔が水面に沈み込んでしまうので余計な水の抵抗を受けることになってしまうのです。

顔が沈み込んでしまい余計な水の抵抗を受けることになれば、推進力も弱くなってしまうので、タイムロスが出てしまうのです。

タイムを伸ばしたいという気持ちも分かりますが、気持ちばかりが先走って姿勢やフォームが悪くなれば、悪い影響が出てしまうので、もう1度、自分の姿勢やフォームを見直してみましょう。

顔が水面に沈み込まないように水平の位置で保つ練習をしていきましょう。

クロールの時に前傾姿勢になる癖がついているような方は、なかなか直すことができないので、顔を沈ませない意識を持って何度もクロールをすることが重要です。


2.腕がどこから入水しているか確認してみる

クロールのタイムが伸びない人は、腕を入水させる位置が間違っている可能性が高いです。腕を入水させる位置が間違っていると、それがタイムロスにつながるからです。




頭のかなり先のほうで闇雲に力を入れて腕を入水させてしまうと、身体のバランスが乱れてしまい、速く泳ぐために必要なリズムも乱れてしまうのです。

入水する位置も考えずに力まかせにバシャバシャと腕を入水させてしまえば、それだけで体力を奪われてしまい、息継ぎも苦しくなってしまうのです。

そのようなことを続けている限り、クロールのタイムを伸ばすことはできないのです。

力を入れずに余裕を持って滑り込ませるように腕を外側から入水させることで、水の抵抗を最小限に縮めることができるのです。

水の抵抗を最小限に縮めることができれば、確実にクロールのタイムを伸ばすことができるのです。


3.タイムを伸ばす時期なのか考える

クロールのタイムが伸びないと悩んでいる人は、タイムを伸ばすべき時期じゃない場合もあるので、そこを考えてみましょう。

クロールのタイムを伸ばすためには、筋力やテクニックが身についていることが絶対条件となります。

年齢が若く身体もできておらず、テクニックも身についていないなら、まだクロールのタイムを伸ばすのは無理な話なのです。

タイムを伸ばすことなど考えずに、まずは基本的な筋力とクロールのテクニックの基礎を学ぶことが重要です。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ