クロールの息継ぎが苦しい方へ解決策をご紹介します

「クロールの息継ぎが苦しい」と悩まれている方に、簡単な解決策をご紹介します。


1.息継ぎの練習をしてみる

クロールの息継ぎをする時に苦しいと感じてしまう原因は、息継ぎがうまくできていないからです。

息継ぎをうまくすることができるようになれば、苦しいという悩みを解決することができるのです。

息継ぎを上達させる練習としておすすめなのが、けのびをして、2回から3回の水かきをしたら立って息を吸うという方法です。

これなら息継ぎが苦しいことによって沸き起こる恐怖心も消し去ることができます。大切なのは、2回から3回の水かきをして、立っても良いので息継ぎのリズムを作ることです。

息継ぎのリズムを作ることで、身体がそのリズムを覚えてくるので、無理のないスムーズな息継ぎができるようになるのです。

この練習をする際は、身体の力をすべて抜いてプールの水に身体を預けるように意識することです。力が入っていると、沈んでしまうのでうまくいきません。

2回から3回の水かきをしたら立てるという安心感があるので、怖がることなく力を抜いて、ゆっくりと水に身体を預けてみてください。

この練習を何回か繰り返すことで、途中で立たずに息継ぎが1回、2回とできるようになります。





2.空気をすべて出し切る

クロールの息継ぎをする時に苦しいと感じてしまう方は、息継ぎの際に肺の中にある空気をすべて出し切れていないことが多いようです。

肺の中の空気をすべて出し切ることができずに、空気を吸い込んでしまえば、当然、必要な空気が足りなくなるので、途中で苦しくなってしまうのです。

空気をすべて出し切れない原因は、「苦しくなるかもしれない」という不安と焦りです。

不安や焦る気持ちが出てしまうと、「早く水かきをしないと苦しくなって失敗してしまう」という気持ちになってしまうのです。

そのような気持ちになると、どうしても息継ぎの時に空気をすべて出し切れていない状態で、吸い込もうとしてしまうのです。

空気を出し切れない状態で、無理に吸い続けてしまえば、次第に苦しくなり、足をついて立ってしまうのです。

そうなってしまった恐怖心がさらに焦る気持ちと不安な気持ちを増幅させてしまうのです。

焦らなければ苦しくなることもないので、とにかく余裕をもって息継ぎができるように、ゆっくりと水かきをしてみましょう。

息継ぎも1回の水かきごとにする必要はないのです。3回から4回の水かきに対して1回の息継ぎをすれば十分なのです。

息継ぎの回数を減らすことで、焦る気持ちがなくなり、リラックスしてクロールができるようになるのです。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、自己ベストを更新することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ