自由形のストロークについて | 水泳の上達法

自由形で泳がれる泳法はクロールですが、クロールのフォームは完璧でしょうか。

水泳では基礎であるクロールを最初に習得しますし、スミング教室な度もクロールから始まることが一般的であり、クロールは多くの人が泳げる泳法になります。

自由形となると、大会を目指しての練習になるかと思いますので、スピードを重視した泳ぎ方に変えていく必要があります。

一番改善するポイントとしては自由形のストロークです。

そこで、今回は、ストロークについて見ていきたいと思います。

1.クロールのフォームを正しく泳ぐ

正しいフォームで泳げているでしょうか。




競泳大会を目指して練習をしていてありがちなのが、スピードを上げようと、バタ足の回数を多くしたり、ストロークの回数を増やしている事です。

ストロークの回数を増やせば推進力は増しますが、出場する自由形の種目によって違います。

ただ、重要な事は、正しいフォームで泳げているとかという事がキーポイントになります。

まずは、どのようなフォームで泳いでいるのかを再確認して、正しく綺麗なフォームで泳げるようにしましょう。

2.意識してみる

正しいフォームを身につけるためには、反復しての練習も大切ですが、イメージしてみることもとても大事です。

バタ足の感じ、動かし方、ストロークのやり方などを意識して練習していく事で本番でも、強くなります。

ストロークの改善

意識してフォーム面を改善する所は、ストロークです。

基礎としては、S字をなぞるようにしてストロークをしていくわけですが、なるべく水の抵抗を受けないようにストロークしていく必要があります。

スピードを出すためには、水の抵抗を生む動作はなるべく少なくした方がいいのです。

ストロークの回数

では、推進力を増すためにストロークの回数を増やせばいいのではないか。

確かにストロークの回数が多ければ、進む距離はますと思います。

しかし、上記で説明した通り、ストロークのフォームと、全体の自由形のフォームができていての話です。

種目によってもストロークの回数は違いますし、バランスをよくしていく必要がありますし、スタミナ面なども考慮してストロークをしていく必要があります。

ストロークのフォームもS字での入水が一般的ですが、いろいろなやり方がありますので、自分にあった、スピードが出るやり方で、ストロークを定着させるべきだと思います。

3.スピードアップを目指す

フォームの定着を目指して、上達を目指して、日々の練習に取り組んでいったら、次は、大会に向けた練習をしていきます。

ただ、泳いで練習するだけでなく、出場種目がどれくらいの時間でゴールできるかを計っておく必要があります。

大会では、早く、対戦相手よりもゴールを決めればいいわけですが、だいたいどれくらいのタイムで、泳げるのかを調べる必要があります。

練習では、教室などでは、大会模擬で、同期や教室に通う生徒同士で競えますが、個人で練習している人は、難しいですよね。

まずは、どれくらいのタイムで、泳げているのかを調べて、そこからフォームの改善を細部まで計っていく事で、ストロークの改善、回数などを決めていく大事な要素にもなります。

ぜひ、意識してこれから練習していきましょう。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ