自由形のスタートの仕方について | 水泳の上達法

水泳教室や、日々の練習でクロールの練習を仕上げ、いざ競泳大会に出場しようとした時、どの種目に出るかお決まりですか。

多くの人がマスターしているクロールでの出場は、「自由形」での出場になります。

そこで、どのようにスタートするのかご存知でしょうか。

今回は、自由形のスタートの仕方と上達方法について見ていきます。

1.クロールのフォームを定着しよう

水泳大会に参加しようと考えて出場のエントリーをしたとします。




競泳大会という事は、スピードでの勝敗が決まるわけですが、きちんとしたフォームで泳げているでしょうか。

クロールでの大会の出場の場合、「自由形」での出場になるのですが、まずは、クロールのフォームを定着化させる必要があります。

今現在、どのようなフォームで、タイムはどれくらいかなどを把握した上で、大会に向けた上達を目指すべきだと思います。

正しいフォームで泳ぐことで、推進力が増加してスピードも上がります。

大会への追い込みで、再度、フォームをチェックしてみるのもいいかもしれません。

2.競泳大会での自由形のスタートについて

普段の練習では、プールに潜り、壁を蹴って泳いでいくのが一般的だと思います。

練習でなら壁を蹴っての練習でもいいと思いますが、競泳大会となると、公平の為にスタード台からの飛び込みスタートが一般的です。

競泳のテレビで、スタート台から飛び込んでスタートしている光景を見たことがあるでしょう。

飛び込みは簡単なように見えて、実は難しいです。

飛び込みを始めた時は、コツが掴めず、腹から水面に入り、痛い思いをしたりする事もあるでしょう。

競泳では、飛び込みも重要です。飛び込みをして潜水をして、泳ぎ始めるわけですが、飛び込みの距離が多ければ、大戦相手と差を詰められます。

正しいフォームの定着ができたら、競泳大会に向けて飛び込みの練習をしましょう。

スタート台に立ち、号砲の合図で、選手は一斉に飛び込みスタートしますが、弧を描くイメージをして水面へと入っていきます。

なるべき、水への抵抗や衝撃を少なくすることが大切です。

始めが肝心で、飛び込みで失敗するとその後の競泳にも影響を与えます。

3.ベストタイムを更新しよう

すでに、競泳大会に出場している人は、クロールのフォーム、スタートの飛び込みのマスターができていると思います。

しかし、日々、練習していくのは大事です。

今よりももっと良いタイムで泳ぐ事が出来れば、順位にも影響を与えますし、充実感ややりがいも感じると思います。

是非、今よりも上達をまずは目指して練習していきましょう。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ