自由形とクロールの違いについて | 水泳の上達法

水泳を上達して、競泳大会に出ようと思う人もいるでしょう。

競泳大会種目を見てみると、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライはありますが、クロールという種目はありません。

自由形という種目でクロールは泳がれるわけですが、「自由形」と種目として成り立っていると、自由形でスピードに自信があるならば、バタフライなどの泳法で出場してもいいのではないかと考える人もいるでしょう。

ここでは、競泳における自由形とクロールの違いについて見ていきます。




1.クロールは自由形か

クロールは自由形なのか、という問題は結論から言うと自由形はクロールと言っても過言ではありません。

種目名として、自由という言葉が使われていますが、要は、上記の3つの泳法以外ならどんな泳法でもいいというわけです。

ただ、競泳となると、フォームも泳法も大事ですが、スピードを重視することになります。

自由だからと言ってどんな泳ぎでも大丈夫というわけにはいきません。

結果として、自由形で泳がれている泳法は、一番スピードが出るクロールとなっているのです。

ただ、自由形でバタフライで出場しても問題はありません。

個人メドレー種目であったり、メドレーリレーでの種目における自由形とはバタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ以外の泳法でと定義されているので、事実上クロールとなっています。

2.ルールを把握して

クロールは自由形としての種目で出場になりますが、種目により泳法の指定はあります。

ただ、自由形と指しているのであれば、クロールでの出場になりますが、個人メドレー、メドレーリレーなどの種目はクロールでなければいけません。

スタートの仕方を始め、自由形におけるルールを把握した上で、競泳大会に出場することが大切です。

3.勝利を目指して

共栄大会に出場することは、スピードを重視した泳ぎになります。

自由形とは上記で説明した通り、制約はなく、自由なフォーム・泳法で出場する事が可能です。

自信があるならば、どんな泳ぎでも大丈夫なのです。

ただ、一番スピードが出る速く泳げる泳法としてクロールが挙げられます。

結果としてクロールでの出場になるわけです。

そこで、スピード勝負なクロールを向上させるには、フォームを綺麗に整える必要があります。

乱れたフォームでは、結果として推進力の低下につながったり、水の抵抗などの問題が発生します。

今一度、フォームの改善をして、勝負に勝てる速さのフォームを身につける事が大切です。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ