クロールのフィニッシュ動作が上達するコツ|水泳が上達する練習メニュー

水泳のストロークは種類や動作によってさまざまな名前がついています。中でもクロールの動作はそのパートごとに大切な役割があります。フィニッシュはストロークの最後の部分でおろそかになりがちですが、クロールが上達するためには丁寧に意識することが大切です。





1.クロールのフィニッシュ

クロールのストロークは入水して手のひらで水をとらえる「エントリー」、手のひらで水を押さえる「キャッチ」、肘から先で水をかく「プル」、水を後方に押しやる「プッシュ」、手を水から出しリカバリーにつなげる「フィニッシュ」、手を空中で前に戻す「リカバリー」という部分にわけることができます。

水をかいたり後方に押したりするプルやプッシュは推進力を生み出すためにはとても重要だという事が容易にわかるので、泳ぐときに特に意識することが多い部分ですが、水をかいた後に空中に腕を出す動作のフィニッシュは水泳を習う時にも重点的に練習することは少ない動作です。

クロールはバランスやタイミングが大切な泳ぎ方なので、上達するためには体をローリングさせるときの左右のバランスを取ったり、キックとストロークのタイミングを合わせるためのとても重要なポイントであるともいえます。


2.フィニッシュが上達するコツ

水をかいてきて、手のひらが太ももに触れるあたりからがフィニッシュの動作に入ります。

前から水をかいてきてプル、プッシュでしっかりと前進していますが、フィニッシュをしっかりかききることで、もうひと押し進むことができるので、プッシュの後何となく手を空中に出してしまうのではなく、肘がしっかりと伸びるまで力強く手のひらで水をかきましょう。

水をかききったら肘、前腕、手のひらの順に空中に出していき、力を抜いて楽にリカバリーに移ります。

フィニッシュの時に肩がまっすぐのままだと動きにくく、効率よく水をかくことができないので、肩はしっかりローリングさせるようにしましょう。

ローリングをして前の手をしっかりと前方に伸ばすことで自然とフィニッシュの動作に入りやすくなり、空中に手を出しやすくなります。

また、フィニッシュとキックのタイミングを合わせることで手足のばらつきがなくなり、あまり一生懸命キックを打たなくてもしっかりと水に浮いたきれいなフォームで泳ぐ事ができるようになります。

右手のフィニッシュの時には右足を、左手のフィニッシュの時には左足をキックします。

クロールのフィニッシュの動作が上達するためには、体をしっかりローリングさせて自然な腕の動きでバランスを取り、キックとのタイミングをしっかり合わせることが大切です。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ