クロールのコンビネーションで気を付けるべきポイント

コンビネーションとは、プルとキックを合わせて行うことです。水泳の練習では、まずキックやプル、呼吸など、それぞれの基礎練習を行い、上達したらコンビネーションの練習をすることがほとんどです。きれいなクロールができるように、ポイントを押さえたコンビネーション練習をしましょう。 





1.コンビネーションで気を付けるポイント

早くクロールを泳げるようになりたい気持ちから、基礎練習よりもコンビネーション練習をたくさんしたくなりますが、水泳の上達には姿勢、プル、キック、呼吸などの部分練習をしっかり行って習得してからコンビネーション練習に入ることが大切なポイントとなります。

それぞれがあやふやなままコンビネーションに入ると、手足の動きがバラバラになり体が沈んでしまったり、進まなくなってしまったりするからです。

これは、水泳が上達するためには一番大切なポイントとも言えます。

クロールの基礎を身につけたらコンビネーションに入りますが、まず大切なことは力まないこと。

手足を同時に動かすことで、せっかく今までの部分練習で身につけてきたゆったりとした大きな動きを忘れてしまって、全身に力が入った小さな動きになってしまってはきれいに泳ぐ事はできません。

また、プル、キック、呼吸のタイミングを合わせることも大切なポイントです。

それぞれがバラバラに動くのではなく、すべてを連動させることができるようになると、スムーズに楽なクロールができるようになります。


2.コンビネーションの練習

クロールのコンビネーション練習をすると、足が沈まないようにキックをたくさん打ってしまうことがありますが、キックはあまり意識せず、手の動きに合わせて自然と動くタイミングに合わせて軽く打つ程度にします。

多くても両手をかく間に6回キックを打つ6ビートまでにし、手のかきに合わせて1・4のキックを合わせ、2・3・5・6のキックは力を入れずに自然に動くのに任せるというイメージがいいでしょう。

プルも早くならないように、ゆったりと大きく腕をまわします。

プルが早くなると、キックも小さくなり、呼吸もタイミングを合わせるのが難しくなるからです。

肩からゆったりと大きく腕を回すことを意識して、初めは一かきごとに両手を前で揃えるキャッチアップで泳ぐようにすると、体が左右にぶれにくく、水をキャッチする感覚もつかみやすくなります。

クロールのコンビネーションでは、プル、キック、呼吸すべてに同じだけ意識を持っていくのではなく、プルを重点的に意識して、その動きに合わせて呼吸とキックを入れるとタイミングが合わせやすいので、ぜひやってみてください。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ