クロールを楽に泳ぐコツ

クロールを泳げるようになったら、ダイエットや体力づくりのために長く泳げるようになりたいですね。

楽に泳ぐコツをつかめば、ウォーキングをするのと同じぐらい気持ちよく楽しく泳げるようになります。

楽な泳ぎ方をマスターして、クロールで長く泳げるようになりましょう。


1.色々なポイント、本当にできていますか?

手足の動きや息継ぎができていて、ゆっくりでもなんとか25m進むことができると、一見クロールが泳げているように思いますが、本当にできているでしょうか。




それぞれの動かし方やポイントを、練習の時に細かく分けて練習したと思いますが、すぐに疲れて長い距離を泳げない人は、それらのポイントがきちんとできていないのかもしれません。

水泳は水の浮力を借りて行うので、本来は体力のない人でも長く続けられる運動で、クロールも楽に泳ぐことができます。

練習してきたことが正しくできているか、自分の泳ぎを見直してみましょう。


2.楽なクロールの泳ぎ方

クロールで長く泳ぐために一番必要なのは、呼吸をしっかりすることです。

一見、息継ぎの時に顔を上げて呼吸をしているようでも、吸うことにばかり意識が行ってしっかり吐けていないと、陸上で行う半分ぐらいしか酸素を取り込めていないと考えられます。

呼吸で大事なのはとにかく吐くこと。肺の中の空気をすべて吐くことができたら、吸うことは無意識にできます。

また、水中では息を止めてしまう人が多いと思いますが、水中は吐く時間にあて、止める瞬間をできるだけないようにします。

そして、残った空気を顔を上げるときに一気に吐き出すと、後は自然に吸っているというわけです。

このように、クロールを長く楽に泳ぐには、正しい呼吸をしてたくさんの酸素を取り込むことが必要です。

次に大切なのは力まないこと。手足は一見上手に動かせているように見えても、動かすことに必死で力が入りすぎていませんか?

力が入りすぎると、うまく水をとらえられずに推進力も得られないし、すぐに疲れて泳ぎ続けられなくなってしまいます。

腕だけでなく、首や肩も無駄な力を抜き、リラックスして大きくゆったりと手をまわしましょう。

キックは腕の補助的役割と考え、速く泳ぐのでなければほとんど必要ありません。

足の筋肉は大きいので、たくさんキックを打つとすぐに疲労して体力が続かなくなってしまいます。

キックは足が沈まない程度に体の動きに合わせて軽く打つ程度で十分です。

2ビートや、入水の時だけ強めのキックを打つような変則的な6ビートなどを取り入れましょう。

無駄な力の入らない、楽な泳ぎ方を覚えて、クロールを長く楽しく泳げるようになりましょう。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ