クロールで主に使う筋肉と消費カロリーについて

水泳は全身の筋肉をバランスよく使うためダイエットや筋トレに向いています。中でもクロールは他の泳法よりも特に消費カロリーが大きい泳ぎ方で、使う筋肉も上半身を中心に全身の広範囲にわたるためとても効果的です。


1.クロールで使う筋肉

クロールを泳ぐときは、ほぼ全身の筋肉をまんべんなく使います。

肩・腕・脇腹・胸・お尻・太もも・ふくらはぎ等、たくさんの筋肉を使いますが、より鍛えられる筋肉としては大胸筋・三角筋・上腕筋・腹斜筋等があげられます。




クロールという泳法がキックよりもストロークで推進力を生み出す泳法であるために、上半身の筋肉をよりたくさん使って泳いでいます。

スピードを上げて泳ぐためにはキックも強く速く蹴ることになるため、水泳の上達とともにスピードアップを図るためには下半身の筋肉を鍛えることも必要になります。

それほど速く泳がなくても、一かき一かきを丁寧に大きくかくことで腕を中心とした上半身の筋肉をしっかりと使い、泳ぎながら筋トレ効果を得ることができます。


2.クロールの消費カロリー

クロールは全身の筋肉を使うため、消費カロリーも大きい泳法です。

年齢や性別、体重等によってもかわりますが、クロールで1時間泳ぐと、約1000kcal〜1300kcalものエネルギーを消費することができます。

目的が筋トレやダイエットなら、速く泳ぐ事よりもゆっくりでいいので30分〜1時間以上泳ぎ続けることが大切です。

そのためには、クロールをしっかり身につけていること、無理のない呼吸法を身につけていることが最低条件になります。

少なくとも5分程度は休憩なしで泳ぎ、1分前後の休憩の後また5分程度泳ぐ、といったインターバルで泳ぐか、可能な方は休憩なしで泳げることが理想的です。

呼吸をしっかりとしながらゆっくりでも長時間泳ぎ続けることによって効果的な有酸素運動になり、消費カロリーもおおきくなります。

日常生活や散歩なら30分〜1時間歩くことはそんなに特別なことではありませんね。

水泳もあまり負荷のかからない楽な泳ぎ方が習得できるように繰り返し練習すると、徐々に体力もつき上達するので、歩くのと変わらないぐらいの感覚で泳げるようになってきます。

クロールは、腕や肩など今使っている筋肉を意識しつつ、呼吸をしっかりしながら長く泳ぐ事で、筋肉を鍛えながらたくさんのカロリーを消費できる健康維持に理想的な泳ぎ方と言えるでしょう。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ