バタフライをきれいにゆっくり泳ぐためのポイント

ゆっくり泳ぐバタフライはちょっと憧れます。

でもちょっとしたコツで、割と簡単にきれいにゆっくり泳げるようになってきます。


1.バタフライをきれいにゆっくり泳ぐために

「バタフライは結構簡単」とか「覚えれば一番簡単な泳ぎ方」という言葉をよく耳にします。

そしてそれは実際にそうです。

タイミングさえ取れて、ちょっとしたポイントを押さえて泳げば、バタフライは一番簡単で一番単純な泳ぎ方です。

そのちょっとしたポイントをご紹介します。

きれいにゆっくり泳ぐバタフライは、もう目の前まで来ています。


1.ゆっくりバタフライ ポイント① ジタバタしない

とにかく力で何とかしようとするのだけは避けなければいけません。

そのためには出来るだけけのびの時間を長く保ちます。

全体のイメージとしてはジタバタせず、じっとしてる時間を長くする感じです。

手を前に伸ばした状態でじっとするのはもちろんですが、気をつけの状態でもじっとしておきます。




ポイントは手を前に伸ばしてじっとしている時間と同じくらいの時間、気をつけの状態でもじっとしておく事。

この「時間を揃える」というところが、バタフライをきれいにゆっくり泳ぐポイントです。

そしてじっとしている間の姿勢で一番気を付けなければならないのは、指先とつま先にしっかり力を入れてピンと伸ばす事。

ここがダラッとなっていたら、じっとしておく事がそもそも出来ないので注意して下さい。


2.ゆっくりバタフライ ポイント② ギリギリまで待つ

バタフライの泳ぎ方を大まかに説明すると「出て潜って、出て潜っての繰り返し」みたいな感じです。

出るタイミングは目で測れるのでギリギリまで待つ事は割とすぐできます。

出ようと思う水面をずっと目で追いかけて、目が水面上に出るか出ないかのところまで待って、それに合わせて手をかけば体は一番浮き易くなります。

体が浮いているので、自然にゆっくり泳ぐバタフライになります。

ポイントは手を戻すタイミング。

これをギリギリまで待つこと。

体が浮いているという事はリカバリー動作の腕も水面上に出易いです。

なのでついすぐ戻してしまいがちになりますが、それではただ間延びしたバタフライになり、きれいにゆっくり泳ぐというところから少しズレてしまします。

より美しく、且つゆっくり泳ぐバタフライに仕上げるために、手を戻すタイミングをギリギリまで待つ、具体的には気を付けの時間を、感覚的にかなり長めに取る事。

気をつけの時間を長く取ると、手が前に伸びている時間と、気を付けの時間の長さがあまり変わらなくなり、全体的にバランスのとれたきれいなバタフライをゆっくり泳ぐことが出来るようになります。

どれぐらいまで気をつけで待つかは、具体的なポイントも方法もありません。

頼れるのは自分の感覚だけになります。

ある意味、今まで自分が培ってきた水泳感の見せ所でもありますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。


3.ゆっくりバタフライ ポイント③ 水の特性を最大限に利用する

水泳は水と言う特殊な環境で行うスポーツです。

水泳の上達には、この水の特性を最大限に利用できるかどうかがとても重要になってきます。

バタフライをきれいにゆっくり泳ぐためにも、この水の特性を活かす事が重要です。

水の最大の特長は「浮く」という事。

先程のポイント①、②を成功させるためにも、この「浮く」感覚が不可欠です。

しかしなかなか浮く感覚が掴めない場合もあります。

そこできれいにゆっくり泳ぐバタフライの練習方法の一つとして「潜る」動作を使います。

水より比重の軽いものは、一旦沈んでも必ず浮いてきます。

浮く感覚が掴みにくい人は、息継ぎのあと、敢えて余分に潜ってみましょう。

人は潜れば必ず浮いてきます。

その時の浮いてくる感覚をしっかりと感じるようにします。

慣れてきたら潜る度合いを浅くしていきましょう。

あまり深く潜るバタフライは、先程と同様、「ゆっくり」ではなく「ただ間延びしただけ」のバタフライになります。

あくまでも「きれいにゆっくり泳ぐバタフライ」にするためには、やはり一定のリズムとテンポは大切な要素になってくるという事を意識しましょう。


2.「泳ぐ」というより「縫う」というイメージで

私は裁縫が苦手です。

何故かきれいに仕上がらないです。

そこでプロの方の縫い目をよく観察したら、プロの方の波縫いの縫い目は表を見ても裏を見てもほとんど同じでした。

一定の間隔で、一定の幅で、延々と同じ縫い目が続いていて、それはとてもきれいな縫い目でした。

きれいにゆっくり泳ぐバタフライはそのイメージに一番近いです。

水面と言う生地を、自分と言う針が一定の間隔と幅で縫うように泳いでいく。

それは上から見ても下から見ても同じ。

ぜひきれいなゆっくり泳ぐバタフライにチャレンジしてみて下さい。

ちなみに、私はそのイメージでバタフライを泳ぐようにしてから、幾分裁縫も上達しました。


バタフライが驚くほど上達する練習メニュー教材

  • バタフライ・スピードアップ・プログラム【明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修】



    元に日本記録保持者が教える!バタフライスピードアップの秘訣!

    元・男子200mバタフライ短水路日本記録保持者で、元明治大学水泳部監督の佐野秀匡がバタフライのスピードアップ法を公開!!

    これを知れば、推進力のでない遅いバタフライがわずか3ヶ月で 高ピッチで力強いバタフライ に生まれ変わります!することができます!

    当サイトのスタッフが試したところ、3ヶ月後には、バタフライの自己ベストを大幅に更新してしまいました!

    しかも、90日以内に自己ベストを更新できなかった場合は、全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ