平泳ぎのブレーキは上手にかわして丸く収めましょう

平泳ぎは近代4泳法の中で一番ブレーキが掛かる泳ぎです。

ブレーキをはねのけて豪快に泳ぐ平泳ぎはカッコいいですが、波風立てずスマートに泳ぐ平泳ぎもなかなかイケてると思いますよ。


1.胸泳

私は水泳教室の時、生徒さんに「水泳はいかに早く泳ぐかという事より、いかにブレーキを掛けないかという事が大切です」という事をいつも言っています。

中でも特に言うのが平泳ぎ。

そこそこ上達されている方にも初心者の方にも共通してお伝えしている事です。

平泳ぎは英語でbreaststroke=ブレストストロークで、ブレストは胸のことを意味するため、日本では昔、平泳ぎのことを胸泳(きょうえい)とも表現していたそうです。

そしてそのブレストとは、昔何かの文献で調べた時、単なる「胸」という意味だけでなく「胸の前にある波を乗り越える」という意味もあると書いていたように記憶しています。

胸の前にある波をわざわざ乗り越えてまで泳ごうとする訳ですから、平泳ぎが一番ブレーキが掛かる泳ぎ方というのは言うまでもありません。




それでも平泳ぎという泳ぎ方があるのなら、今の私たち水泳指導員が一般水泳愛好者の方にしてあげられる事は、少しでもブレーキが掛からない方法を探してあげる事です。

そこで、色々な方法で見つけ出した、誰でも簡単にできる「少しでもブレーキが掛からない平泳ぎにする方法」をご紹介したいと思います。


2.ストレート泳法

基本的には体が水平になっている時間を少しでも長く保つ事が大切です。

そこそこ平泳ぎが上達された方でも基本的には同じです。

平泳ぎでの体重の移動とかも、もちろん行って頂いて構いませんが、体重移動の為、必要以上に上半身を持ち上げたりする場合は、よほどキック力が強くないとかえってロスの方が大きくなるのは必然です。

現に、最近の平泳ぎの傾向としては、上半身を大きく持ち上げて体重などを移動するウェイブ泳法と呼ばれる物より、できるだけ体を低くしてブレーキが掛からないように泳ぐ、昔からあるストレート泳法に変わりつつあるようです。

それぞれの泳ぎ方はにはそれぞれのメリット、デメリットがあるし、好みの問題もあるので一概にどうとは言えません。

なので今回は「今の自分の平泳ぎは、なんかブレーキが掛かっているような気がするから、そこを何とかしたい」と思っておられる方のための練習方法だという事を予めご承知おき下さい。


1.ブレーキが掛かりにくい平泳ぎにするために①

上下動を入れないようにすると、初心者の方の方の平泳ぎでも割とブレーキが掛かりにくい泳ぎにまとまります。

目安は肩が水から出ないようにする事。

イメージとしては水面と天井の隙間が20cmくらいしかなく、その隙間で泳いでいる感じです。

体を持ち上げすぎたら天井に頭が当たると思って下さい。

必然的に低く泳ぐしかなくなってきて、胸が水面と限りなく平行な状態が保ちやすくなります。


2.ブレーキが掛かりにくい平泳ぎにするために②

①と同じ流れですが、上下動をなくすための具体的な練習方法です。

顔を上げて平泳ぎを泳いでみましょう。

体でブレーキを掛けないようにするために水平姿勢を保つための練習です。

けのびの状態を長く保てばそれだけブレーキが掛かる要素が減る事になりますが、そのけのびの姿勢が決まってなければ、それ自体がブレーキになってしまいます。

指先からつま先までがけのびの姿勢です。

保っているつもりでも指先やつま先が離れていたり、手首や足首がピシッと伸びていないと十分ブレーキになります。

そのちょっとした姿勢の乱れがすぐ沈む原因になりますので、顔を上げるとどのタイミングで沈むかがよく分かり、いつ自分の姿勢が崩れているかが分かり易いです。

もちろん普通の平泳ぎと同じように十分伸びを取る時間を入れて、そこで沈まないように指先やつま先を伸ばす感覚を掴むと普通の平泳ぎの時にきれいなストリームラインが保ち易くなります。


3.ブレーキが掛かりにくい平泳ぎにするために③

今度は②の流れからになりますが、上下動を入れないための方法として、顔を上げて泳いでいる時に、肩を出さないのを目安にします。

その為の方法として、手や足をできるだけ水平に動かす、いわゆるカエル泳ぎをしてみます。

水を下に押せば体が上に上がるのは物理的に当然のことです。

体を上に持ち上げないない為の方法の一つとして、手を水平にかくようにします。

顔を上げて平泳ぎをしながら、肩が上下しない範囲に治めるために手を水平にかいてみましょう。

もちろん平泳ぎのルールに則って行いますので、手がヒップラインより後ろまで動かない範囲でかいて下さい。

加えて、通常の平泳ぎと同様、リズムよく泳ぐのがポイントです。


3.ブレーキをかわす平泳ぎ

よく「競泳とは水と喧嘩して、その喧嘩に勝つこと」と言いますが、ブレーキがかかる平泳ぎを敢えて選択されている方は、その喧嘩に勝つ事に楽しさを見出しているのかもしれません。

喧嘩に勝つ自信がない方、またそもそも喧嘩が苦手な方はもちろん今日ご紹介した「丸く収める方法」で、平泳ぎのブレーキを上手にかわして泳がれたらよろしいのではないかと思います。

水は強敵です。

ちょっとやそっとじゃ勝てる相手ではありません。

更なる上達を目指す方はぜひ喧嘩する方を選んで頂き、精力的に頑張って頂きたいと思いますが、「今日の晩御飯、何にしよう」と考えながら泳がないといけない立場の方は、やはり丸く収めておいた方が何かと無難ではないかと、個人的には思います。


平泳ぎが驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 平泳ぎスピードアップ・プログラム【女性スイマー用に開発】北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表 種田恵 監修



    平泳ぎでスピードアップしたい女性スイマー必見!

    北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表の「種田恵」さんがついに秘訣を公開!!
    これを知れば、女性特有の体の使い方で筋力に頼らず、 平泳ぎの自己ベストを更新 することができます♪

    当サイトの女性スタッフが試したとろこ、今までにない女性専用の平泳ぎの教材のため、驚くほど上達したと報告を受けました!

    しかも、180日間の全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ