背泳ぎの曲がらないコツとその練習方法

背泳ぎの難しいポイントに「真っ直ぐ泳げない」というのが挙げられます。

今回は背泳ぎの曲がらないコツとその具体的な練習方法をご紹介致します。


1.背泳ぎが真っ直ぐ泳げない理由

背泳ぎは他の泳法に比べ真っ直ぐ泳ぐのが難しい種目です。

背泳ぎを真っ直ぐ泳ぐのが難しい理由は色々ありますが、曲がらないコツも色々あります。

今回はそのいくつかをご紹介します。


2.背泳ぎの曲がらないコツ

いくつかある背泳ぎの曲がらないコツですが、その中で分かり易く簡単にできる練習方法をピックアップしてみました。


1.曲がらないコツ① 目で見る

一番手っ取り早く簡単にできる方法です。

これは背泳ぎだけに限らず、水泳全般に使えます。

背泳ぎ以外はプールの底のラインを見ながら簡単にできるのですが、背泳ぎはもちろんプールの底は見えません。




そこで屋内プールなら天井を見ればいいと思いがちですが、それはある程度背泳ぎが上達した人ならそれで大丈夫なのですが、初心者の場合は屋内プールの天井は対象物としては遠すぎるので基本的には向きません。

また泳ぐ場所が毎回屋内とも限りませんので、基本的に泳力レベルに関係なく天井以外の対象物を利用した方が無難です。

となると、競泳用のプール必ずあって対象物として使える物はもうコースロープしか残っていません。

背泳ぎがある程度上達されている方の場合は少し顎を引き気味にして、自分の眼下の視野にコースロープが入るように持ってきてそれを見ながら泳ぐと便利です。

背泳ぎ初心者の方は真上を見ながら泳いでいるはずなので、できるだけ首を動かさないように気をつけながら時々左を見てロープの位置を確認するようにしてみて下さい。

慣れてくるとこれだけで簡単に真っ直ぐ泳げるようになります。

2.曲がらないコツ② 頭を振らない

水泳はどの種目でも頭頂部が進行方向になります。

頭を振ってしまうと頭頂部も左右に動き、体は頭頂部が指した方向に動こうとしますので、
同じく左右に動き、結果真っ直ぐ泳げないという事になります。

この場合の背泳ぎの曲がらないコツは頭頂部が動かないようにするという事になりますが、その練習方法としては、背泳ぎがそこそこ上達されている方は空の500mlのペットボトルを、初心者の方はビート板をおでこに乗せて、それが落ちないように泳ぐ方法が便利です。

これはよくある練習方法ですが、やはりこれで練習されるのが一番簡単です。

初心者の方で、まだそこまでできないという方は、少し感覚は違ってきますが、ビート板を頭のてっぺんに乗せて手足を大きく動かしながら水中ウォーキングしてみると、頭頂部を動かさないで動くという観点から考えると、何となくの感覚は掴めると思いますので、試しにやってみても面白いかもしれません。


3.曲がらないコツ③ 左右の手の入水位置

これはかなり背泳ぎが上達されている方でないとできない方法ですが、手を左右とも極力進行方向に指先が向くように入水するという方法です。

進行方向は頭頂部と同時に指先の向きでも決まります。

体は誰でも左右対称ではないので、同じ感覚で左右を動かしても、動いた結果は左右対称にはなりにくいです。

右手を真っ直ぐの感覚で上げた時、真っ直ぐ真上を指さしていたとしても、左手を真っ直ぐの感覚で上げたら少し外側にずれたところを指さしていた、というのはよくある話です。

背泳ぎの入水についても同様の事が言えますので、上記の例に当てはめると少しずつ左側に寄っていくことになります。

なのでこれを背泳ぎの曲がらないコツとして考えると「自分の左右の真っ直ぐの感覚を知る」という事になります。

簡単な練習方法としては陸上で立って行うとまあまあ分かり易いです。

できるだけ細い柱に片手を伸ばして届くところに目印をつけ、背中をつけて立ちます。

その時に後頭部、肩甲骨の間、仙骨、両足の踵をそれぞれ柱につけて下さい。

それらが柱から離れないように気を付けて右腕を上に伸ばして先程つけた目印を触りにいきます。

それと同じ事を左手でも行います。

その時、目印を触った時の左右の感覚の違いを感じてみて下さい。

左右同じという方は背泳ぎで入水した時の指先の向きもあまり相違ないと推察できますが、仮に左側はちょっと窮屈だったという方は背泳ぎの時、左手の入水位置が外に流れてる可能性が高いと考えられます。

水中と陸上の環境の違いがあるので絶対とは申しませんが、ある程度の参考にはなると思いますので、機会があればご自分でチェックなさってみて下さい。


3.25Mプールでは25M以内で完泳しましょう

背泳ぎの曲がらないコツとその練習方法をいくつかご紹介致しましたが、他のやり方でも練習過程の一環としては問題ないですので、ぜひご自分でも練習方法を色々考案され、その練習をも楽しんで頂ければと思います。

水泳にとって真っ直ぐ泳ぐというのは泳力向上のための技術の一つです。

左右にふらつきながら泳ぐという事は25Mしかないプールで片道30Mくらい泳ぐということです。

ぜひ真っ直ぐ泳げるようになって、ロングにも挑戦なさって下さい。

まずは25Mを25M以内で泳ぐのを目標にして。


背泳ぎが驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 背泳ぎスピードアップ・プログラム【北京オリンピック200m背泳ぎ代表 中野高 監修】DVD2枚組



    背泳ぎで自己ベストを更新したい人必見!

    北京オリンピック背泳ぎ代表の「中野高」氏が直接指導!!
    これを知れば、 背泳ぎの自己ベストを更新 することができ、背泳ぎの達人になれます!

    当サイトが試した背泳ぎの練習教材の中で、群を抜いて実践的な教材です。背泳ぎに苦手意識がある人でも、みるみる上達すること間違いなしでしょう。

    しかも、90日以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。







水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

なんとかして人並みに泳げるようになりたい!
次こそはマスターズ水泳で自己ベストを更新したい!
子供が泳げるようにサポートしたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元オリンピック選手やプロスイマーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に水泳が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の水泳が上達する練習メニュー教材をランキング形式で紹介します。


水泳が驚くほど上達する練習メニュー教材

  • 子供水泳・上達プログラム
    【マイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチ 監修】DVD2枚組



    水泳嫌いのお子さんを泳げるようにしたくありませんか?

    実は、泳げない親御さんでも、子供を短時間で泳がせることができる指導法があります。

    それがこの子供水泳・上達プログラムです。このプログラムは、10年間でのべ 3,000人以上のお子さんが短時間で水泳嫌いを克服 したばかりか、すいすい泳げるようになった指導法です。

    お子さんの水泳嫌いを克服したい親御さん必見の指導法です。

  • 水泳スピードアップ・プログラム
    【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組



    マスターズ水泳・競泳!自己ベストを更新したい人必見

    アテネ五輪代表の森隆弘が、自身で編み出した水泳の練習法をついに公開!

    これを知れば、 自己ベストを更新 することができ、今まで追いつかなかった選手も抜き去ることができます。

    私が試した水泳練習教材の中でも、この教材は群を抜いて効果的でした。特に今よりもスピードアップしたいマスターズ水泳や競泳の選手に最適です!

    しかも、1ヶ月以内に自己ベストがでなければ全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ